ニコニコネット超会議2020参加レポート

どうもこんにちは

4/12~4/19に開催されたニコニコネット超会議2020に参加したのでそのことについて書いていこうかと思います。

結論から言います。めっちゃ楽しかった!

1ヶ月前にニコニコ超会議2020が例の件で中止になって「まあしょうがないよな…」と思いましたが、ショックが大きかったですね…

だって、超会議3(2014)、2015、2017、2018、2019と5回参加していたので…

旧ブログの方に3と2015の参加レポートっぽいものを書いてあるのでそっちも見ていただけるとありがたいです。

ですが、よく見たら「8日間ネットでやります!」って書いてあって思わず2度見してしまいました。

ここが普通のイベントと違って、インターネットのコンテンツイベントなのでこの点強いですよね。

また、このPVがエモいんですよね

まじでセルフエコノミーになった

「やれんのか?」に対して

「やるんだよ!」って声が出ました

メッセージTシャツも買いました

4/11~4/12

そんなわけで開催前日の4/11から実質オープニング、奈良・東大寺の 盧舎那仏象の定点放送が始まりました。

夜は終始チャット欄と化しており、目玉焼きにかけるのは醤油派かソース派かなどの平和なコメントが流れました。

夜の大仏ってなかなか貴重な映像でした。また、朝の法要も放送されたのですが、厳かで迫力があり圧倒されました…

コメントも「疫病退散」、「鎮護国家」、「人(合掌してる)」と収束を願うコメント弾幕が

その後、東大寺の紹介だったり護摩焚きの放送もあり、めちゃくちゃ勉強になる放送でした。

4/12の夕方に本当のオープニングが始まりました。

4/12~

いやーーーーまじでこっから忙しすぎたww

夜はらき☆すたなどのニコニコを彩ったアニメの一挙放送、超パーティーの再放送…複数窓してたのでPCのモニターが足りねぇ、音声も重なってるから目も耳も足りない状況がここから1週間続きました。

もしかしてこれ、リアル超会議より忙しいのでは?

見ていたものは以下の通りです

  • 4/12
    • 奈良の大仏
    • オープニングセレモニー
    • らき☆すた 1~12話一挙放送
    • ニコニコ超パーティー2015前半
  • 4/13
    • 超JFN
    • ニコラジパーク
    • らき☆すた 13~24話一挙放送
    • ニコニコ超パーティー2015後半
    • シベリア鉄道(通称:シベリア送り)
    • 超ニコニコインフォ
  • 4/14
    • 這いよれ!ニャル子さん一挙放送
    • 超歌舞伎「今昔饗宴千本桜2016」
    • 超ニコニコインフォ
    • シベリア送り
  • 4/15
    • のんのんびより一挙放送
    • 超歌舞伎「花街詞合鏡」
    • 超ニコニコインフォ
    • シベリア送り
  • 4/16
    • ニコニコ超パーティー2016
    • 超歌舞伎「積思花顔競」
    • 超ニコニコインフォ
    • シベリア送り
  • 4/17
    • ポプテピピック一挙放送
    • 超歌舞伎「今昔饗宴千本桜2019」
    • 全国一斉!ニコニコ超検定LIVE
    • 超ニコニコインフォ
    • シベリア送り
  • 4/18
    • ニコニコネット超会議2020オープニングセレモニー 中曽根OFF
    • ニコニコ超神社(網)
    • リモート超テクノ法要 × 向源
    • ニコニコ超パーティー2017
    • 超ナマケット
    • シベリア送り
  • 4/19
    • ニコニコ超神社(網)
    • ニコニコ超パーティー2018
    • 超リモート歌ってみた
    • 超ニコニコインフォ

各放送終了後、油断してるとシベリア送りにされるんですよねw

別に嫌いでは無いんですけれどもね

東方LIVE、化物語の一挙放送、超料理とか見れていないのでTSでゆっくり見ようと思います

超パ、超歌舞伎は弾幕が相変わらず凄かった

ニコニコのいいところはこの一体感ですよね

他の動画サイトでは無い一体感が好きで気づいたら9年も見ています

超JFN、ニコラジパークはスタジオにカメラを配置してラジオの放送中の様子の放送していました。

画伯の絵やラスボスの生歌などが見れて本当に楽しかったです。

ニコニコ超検定LIVEでは、ニコニコに関するクイズが15問出題され、全問正解(orプレ垢は1回間違いOK)した人の中から抽選で100名にピンバッジがプレゼントされる企画だったのですが、まさか自分が最後まで生き残り、全問正解しました…

しかも最後まで残ったのが50人で運営も予定外の定員割れ

残ったピンバッジを賭け第2ラウンド突入へ…

第2ラウンドの結果は、1問不正解(エンドロールに出ていた栗田さんの役職名)でしたが、最後まで生き残りました。

残った人数は32人と第1ラウンドよりも少ない結果となりましたため、2個目のピンバッジゲットです!

残った32人は第1ラウンドを生き残った人が多かったです。(というか見たことある名前ばかりでした)

残った18個はクイズ終了後に出された追加のクイズを回答したコメントの中から抽選されるようです。

リモートテクノ法要で出演していたDJ兼お坊さんである方が超エモいことをおっしゃっていたのでちょっとその話を書こうと思います。

簡単に言うと「客観的に評価されていようがいなかろうが、みんな特別だから自分に自信を持ってほしい。自信は与えることはできません。得るものです。」って言ってました。

インターネットとスマートフォンが普及した中、誰でも簡単に動画や写真などのクリエイティブなものを投稿することができるようになって、ますます人々の承認欲求が高まっています。

「自分は承認欲求は無い」と思っていてもどこか心の奥で認められたい、いいねが欲しいって思っている人もいると思います。軽い自己矛盾ですね。

それなのに有名な人ばかりが認められて自分自身は無視されるような状況であっても自分に自身を持ってほしいってお坊さんは言ってました。

本当にその通りでこの言葉が胸に刺さりましたね…

自己矛盾に陥ってる人って多いと個人的には思うんですよね…

自分の投稿したもの、作ったもの、やったことに自信を持つっていうのは難しいかもしれないけど大事なこと

何かを投稿する、何かを作る、何かを描く、何かをやり遂げるってことは、簡単な成果物、誰もできないような成果物であっても労力はとてもかかる。

だから成果物は何であれ、えらいわけですよ。

それだけは言える。

少なくとも成果物の労力の重さは自分は知っているわけで、少なくとも自分で評価、褒めることはできる。

それを忘れてはいけないって感じた。

SNSの発達で一人一人の声が大きくなっているだけなのかもしれない。

こんな世の中だからこそ一人一人が胸張って生きていくしかない。

支離滅裂なこと書いてしまいました。申し訳無い。

参加してみて

さて、ニコニコネット超会議2020に参加してみて思ったことは、改めてniconicoが好き…いや、大好きなんだなってことを改めて思いました。

今年の超会議はまさに「ぼくとわたしとニコニコ動画」だったなって感じました。

外出自粛、イベント中止、明るいニュースが少ないここ最近は、「なんだかな、もうなんだかな、ねぇ」

ネット超会議の企画は色とりどりの生放送と動画が放送、投稿されて最強の暇つぶしイベントになりました。

指先一つで本当につながるイベントになりました。

みんな一人の人間で、一人のユーザーで…

「好きなもんは好きなんだぜ」で「好きは強くて」、「愛と勇気でできいる」。

来年リアルで開催されることを祈ります。

あと超パーティーもね!!!!!!!

なんか今後は、開催前の日曜日~金曜日はネット超会議で土日が超会議になりそうな気がする

2020/04/19 20:20追記 ネット超会議2021 2021/4/18~25に開催、超会議2021 2021/4/24, 4/25に開催 まじでやるみたい 本当にありがとう

運営、出演者さん、企画作ったりしたりコメント打ってた画面の向こう側のユーザーさん、ありがとう。

本当に運営、ありがとう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL